英文契約書・海外取引でお悩みの方へ 弁護士 菊地正登(Masato Kikuchi)によるご挨拶


entrance5.jpg

 

「英文契約書・国際取引に法的安心と安全を」



 英文契約書の翻訳・作成・リーガルチェックを専門

とする弁護士 菊地 正登のサイトにお越し下さりありが

とうございます。   

 

 

 海外取引をする企業が危険を回避し有利な状況で海外と取引できるように,

英文契約書の作成・翻訳(英訳/和訳),リーガルチェック,

国際(クロスボーダー)取引へのアドバイスなどを全国対応で提供しています。



 私は,2003年に弁護士となり,今年で15年目になりますが,

当初は,国内事業を中心とする企業の法務サポートを中心にしていました。



 その後,内需が縮小する中,積極的に海外展開する企業をサポートしたい

という気持ちが強くなり,実践的スキルを高めるために,2009年8月から

約3年間,大学院での勉強とロンドンの法律事務所で勤務するため渡英しました。

 

 

 そして,イギリスの大学院University of Southamptonで法学修士(LLM)

のコースワークに参加し,英米法(コモンロー),国際取引法,知的財産法,

会社法(コーポレートガバナンス)などを中心に学びました。

 

 

 その後はロンドン中心地にある法律事務所のHill Dickinsonサイト

にて1年数か月間にわたり,英米法実務,英文・英語契約書に関する実務,

国際取引法務に携わりました。

 

 

 また,その後ロンドンにて,英国弁護士向けのトレーニングコースに参加し,

国際法,EU法,英国法(契約法,ビジネス・ロー,不動産法,税法など)

を学び,イギリス弁護士資格試験QLTSのMCT試験に合格しました

 

 

 そして,2012年の6月に約3年間の海外経験を終了帰国し,

業務に復帰いたしました。 

 

 

 その後,留学経験も活かし英文契約書のチェック・作成・翻訳(英訳/和訳),

国際(クロスボーダー)取引法務,企業の海外展開サポートなどの業務を,

リーズナブルな価格・高い品質・迅速さにこだわって取り扱っています。

 

 

 また,企業の社外取締役・監査役も務めていますので,

法務面のみに偏ったものではなく,経営的な視点も取り入れた

サポートを心がけております。

 

 

 中小企業の海外展開サポート業務などの実績を評価して頂き,経済産業省より,

「中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関」

(認定支援機関)の認定を受けています。

 

 

 また,中小企業基盤整備機構が認定支援機関に向けて実施している

「海外展開支援研修」も修了し,企業の海外展開サポートを強化しています。

 


 法律知識だけではなく,貿易実務についてもアドバイスできるよう

国際取引業務検定協会(IBAT)実施の「国際取引業務研修」を修了しました。



 また,これまでの企業の海外展開支援実績により,

日本弁護士連合会から中小企業海外展開支援弁護士に指名されています。

 


 私の業務上の目標は,

「法的側面での不安を取り除き,ビジネスを最適化する。」

というもので,これを達成するために,日々研鑽を重ねています。

 

 

 ところで,執務を行なっていると,残念なことに, 


「これまで弁護士に依頼したことがないので,

どのようなことをしてもらえるのかわからない。」



「JETROなどでは貿易・取引の相談はできるが,

法的アドバイスはできないと言われどこに相談したら良いかわからない。」

などという声を耳にします。

 

 

 このような問題点を解消するため,このホームページを開設致しました。

 

 

 当サイトでは,英文契約書・国際取引に関する情報をかなり詳しく記載し,

かつ,気軽に見積依頼(事前に見積書を発行し費用を明確化)

をして頂けるようにしました。

 

 

 大変ありがたいことに,これまで当ホームページを通じて多くの顧客様から

お問合せ・ご依頼を頂いております。

 

 

 英国から帰国後の2012年6月から2017年11月現在まで,

合計1,249のクライアントからのご相談・案件を取り扱わせて頂いております。

 

 

 最近は,東京以外の企業も積極的に海外に進出していますので,

東京のみならず,他県の企業の案件も数多く取り扱っています

 


 プロフィールは下の写真をクリックして頂くとダウンロードできます。


prf_Kikuchi_170406ol-002.jpg


 本サイトが少しでも皆様のお役に立てれば大変幸いです。

 

名前表示.png




▲このページのトップに戻る