英文契約書 Basic Sales Transaction Agreement(基本売買契約)

 

 

 英文契約書のうち,Basic Sales Transaction Agreementとは,基本売買契約書のことです。

 

 

 売買契約であるため,契約書を作る際の基本的な注意点はSales Agreement(売買契約書)で記載した内容と同様です。そのため,ここでは基本売買契約書に特有の注意点について解説しています。

 

 

  個別契約との関係

 

 通常このような基本売買契約書を締結する場合,個別の取引は注文書と注文請書のやり取りで行うことになります。

 

 

 その場合,個別の売買契約(Seperate Agreement/Individual Contract)がどのように成立するのか(例えば,買主が注文書を発行し,売主がこれに対応する注文請書を交付した時に成立するなど)について定める必要があります。

 

 

 一定期間,売主が注文書を放置していたら,承諾したとみなすなどの規定を設ける場合もあるので,注意が必要です。

 

 

 また,基本売買契約書と個別契約の内容に矛盾(Inconsistency)があった場合にどちらが優先するのかについても定めておくのが賢明です。

 

 

 個別契約を優先させるのであれば,In case where terms and conditions in the Individual Contract are inconsistent with those in the Basic Sales Transaction Agreement, the Individual Contract shall supersede those in the Basic Sales Agreement as to the subject Individual Contract.などと規定することになります。

 

 

  契約期間


 基本売買契約は,一定期間の継続的売買取引を予定するものですから,通常契約期間が定められます。

 

 

 売主に注文を受注する義務がない場合(通常ないはずです)には,契約期間が長くとも実質的な不利益はなさそうですが,契約交渉中にそれなりのボリュームでの取引が継続的に予定されていたような場合,後で思わぬ紛争になることもありますから,契約期間はよく話し合って決定する必要があります。

 

 

 また,契約期間の満了時に更新(renewal)をどのようにするのかも明確にします。自動更新とするなら,通常,何日前までに相手方に契約を更新しない旨の書面による通知をした場合,自動的に更に何年間更新し,以降も同様とするなどと定めます。

  

 

  解除条件

 

 基本売買契約は長期的な契約ですので,相手方に契約違反があったり,信用状態にリスクが生じた場合には解除ができると定めることが多いです。

 

 

 解除を定める際に注意が必要なのは,基本契約を解除する際にすでに存在している個別契約の取扱いです。

 

 

 基本契約を解除しても,すでに存在している個別契約には影響を受けない(The Individual Contract executed before the termination of the Basic Sales Transaction Agreement shall not be affected and continue in effect even after such termination for whatever reason.)など,個別契約の帰趨について取り決めておく必要があります。

     

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 英文契約書に関するサービス内容のお問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)


ロゴ.jpg

▲このページのトップに戻る