Segregate(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Segregateがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…分離する」という意味で使用されます。

 

 

 このSegregateがよく使用される契約書は,Non-Disclosre Agreement(秘密保持契約書)です。

 

 

 開示者が受領者に秘密情報を提供した際に,受領者は,自社が保有する他の情報と当該秘密情報を分けて管理するように義務付けられることがあります。

 

 

 この「分離せよ」という意味を表す用語として,Segregateがよく使われます。

 

 

 Confidential Information shall be segragated...などという表現で英文契約書に登場します。

 

 

 言うまでもないですが,秘密情報の管理は非常に重要です。

 

 

 もし秘密情報が漏洩して,相手に損害を与えた場合,莫大な損害賠償金額になることがあります。

 

 

 そのため,特に海外との契約では,上記のように秘密情報の管理方法まで指定されることも珍しくありません。

 

 

 また,自社が海外進出・海外展開をする際には,自社の秘密情報や知的財産権といった,目に見えない重要な資産をどう守るかも事前に十分に検討しておく必要があります。

 

 

 知的財産権として登録して守るのか,それともブラックボックスにしておき守るのかなど,十分に検討してから海外進出・海外展開しないと,出た後に情報が奪われてしまうことになりかねません。

 

 

 Segregateは,秘密情報の管理に関して登場することが多いですから,この用語が出たら,管理方法についてどのように規定されているのかをよくチェックする必要があります。

 

 「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。

  


 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る