AIによる英文契約書チェック・レビューとの違い

 

AI.jpg

 

 

 AIによるレビューについて

 

 AIによる契約書レビューも最近はレベルが向上し,ソフトによっては使えるものもあるというレベルになっていると思います。



 機械なので,重要な条項の抜けがないかをチェックしたり,各条項の有利・不利をもれなく判別したりするには,うっかりミスをしがちな人間より格段に優秀です。  



 もっとも,機械であるが故に,逆に現場に即した柔軟な修正案の作成することなどは難しいと言えます。  



 一言で説明するなら,一般論で済むような取引であればある程度利用価値があるものの,現場を意識した実務で「使える」契約書にするには,AIレビューだけでは難しい傾向にあると思います。  



 現場にいるのは,ときに不合理だったり,理解が不足していたり,感情的だったりする人間であるため,いつも機械が提案する合理的な内容で契約交渉が進むものではないというのが1つの理由です。  



 例えば,取引金額が少額で,相手が出してきた雛形が薄い内容なのに,AIが提示した自社に有利な条項をすべて飲ませることが非現実的なのは,実際に契約交渉の経験がある方なら容易に想像できると思います。



  また,その取引で相手が提示している条件が,この種のこのレベルの取引として合理的なのかどうかという個別具体的な判断もAIでは難しいです。



  例えば,「一般的には不合理であるものの今回は個別の事情から受け入れ可能(または不可能)」という判断などがAIでは行いにくいです。  



 AIによる契約書レビューは,データベースに基づいた判断ですので,その契約類型において一般的に不合理であれば,すなわちその契約書も不合理だと結論づけられてしまうからです。


 さらに,その契約で最後までこだわるべきところはどこなのか,どこを相手方に譲ってその代わりにどこを守るべき・飲ませるべきなのかなど,実際の契約交渉を意識したアドバイスなどはしてくれません。  



 例えば,取引先が,AIが提案したとおりの自社に有利な条項の修正を受け入れてくれないとします。



 このような場合に,AIでは,ベストではないがギリギリ取引先に受け入れられるような条項案を再提案したり,法律面だけではなくビジネスとしてのメリット・デメリットを意識して取引先に受け入れらやすいような説明文を用意したりすることは,残念ながらできません。


 とりわけ,海外取引においては,現地の法律・商慣習・文化が日本のそれとは異なるため,日本の契約書のような有利・不利の判断や,常識的な取り決め内容というのがそのまま通用しません。  



 また,企業間取引であっても,相手の外国企業の担当者や決裁権者は人間ですから,法律・商慣習・文化や考え方が大きく日本人とは異なる人間を最終的に説得しないと契約締結はできません。  



 こうした事情があるため,特に海外事業・海外取引では,AIによる条項提案やその説明だけでは現場はうまく回らないことが多いです。  



 やはり,現実には,単なる数字上のデータには現れない上記のような「交渉術」や「交渉テクニック(数値化できない知見や経験の部分)も関わってきてしまいます。  



 結論としては,AIは一般的な観点から,条項の漏れがないかをチェック(この点は人間よりも格段に優れています)したり,条項の有利不利を理解したりという点で使用するにとどめ,具体的なその取引に即した内容にしたり,交渉現場に使える契約書に修正したり,交渉での説明内容を考えたりするのは人間が行うべきだと思います。  



 

 つまり,あくまで人間の最終的な判断の基礎的なサポートにAIを利用するのが現段階のレベルでは適切だと思っています。



 AI(機械)翻訳について


 AIレビューと同じように,よく質問を受けるAI(機械翻訳)については,最近は精度も高くなってきていますので,英文契約書の概要を把握するため,あくまで参考のために和訳するという目的で使用するのであれば問題ないと思います。



 ただ,和文で作成した契約書や条項を機械翻訳でそのまま英訳して契約書にしたり,逆に英文契約書の内容を機械翻訳で和訳してそれをそのまま(英文契約書と同一の内容という前提で)和文契約書として利用したりすることはおすすめしていません。



 なぜなら,その機械翻訳が契約書の条項としてきちんと効力を持っているか,適切な内容になっているかという点が検証されていないからです。



 契約書は当事者の権利義務を発生させるなど,重要な機能を持っていますので,この部分の検証は必須です。



 逆に言うと,機械翻訳後に上記検証を顧問弁護士や法務部にて対応できるのであれば問題ないかと思います。

   


IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 英文契約書・国際法務に関するお問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



 メール・電話・Web会議で対応可能です。正式にご依頼頂くまでは料金はかかりません。

 

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

ロゴ.jpg

▲このページのトップに戻る