Adhere to...(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際によく登場する英文契約書用語に,Adhere to...があります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…に従う」という意味で使用されます。

 

 

 …の部分には,規則(Rules/Regulations)などが入ることが多いです。

 

 

 類似の意味を有する英文契約書用語には,comply with..., follow..., in accordance with..., in compliance with...などがあります。 



 これらの用語もadhere to...と同様に,「法令,契約条項,規則などに従う」という意味を表します。

 

 

 例えば,The Buyer shall adhere to the Guideline separately provided by the Seller.(買主は,別途売主から提供されるガイドラインを守らなければならない。)などとして,英文契約書では使用されます。

 

 

 当然ですが,こうした「…を守る/遵守する/従う」という表現が登場した場合,その義務を負う当事者は注意しなければなりません。

 

 

 規則やガイドラインなどを遵守するという内容に違反すれば,当該契約条項に違反したことになり,その結果,契約解除や,損害賠償などのペナルティを受ける可能性があります。



 他方で,例えば,adhere to the other Party's instrctuions「相手方当事者の指示に従う」という内容が契約書に書かれているときは,従わなければならない当事者は注意したほうが良いでしょう。


 

 相手の指示が無制限に出されるようだと,ときに不合理な内容の指示が出されているのに,それに従わなかったことも契約違反となりかねないからです。



 そのため,「相手方の指示に従わなければならない」という抽象的で広範な表現がされている場合には,せめてreasonable instructions(合理的な指示)などとして,一定の制限をかけたほうが良いことがあります。



 もちろん,こうしたところで,どのような内容・範囲の指示が「合理的」なのかについてはなお抽象的な面があることは否めません。



 ただ,こうしておけば,相手の指示に対して,理由を付して不合理さを指摘すれば,相手の指示に対して抵抗できる可能性が出てきます。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る