Between(英文契約書用語の弁護士による解説)

英文契約書を作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Betweenがあります。

これは,英文契約書で使用される際は,期間(Term/Period)などを表す際によく登場します。

英文契約書において,期間の定めは重要です。例えば,ある一定の権利を行使できるのがいつからいつまでとされていたり,契約の効力がいつからいつまでだとされていたり,ある義務を履行するのがいつからいつまでだなどと定められます。

いずれの場合も,定められた期間に法的な意味があることになりますので,期間に誤解があったり,複数の解釈を可能にする表現になっていたりすると,後にトラブルになる可能性があります。

Betweenという用語は,この期間を表す用語として,例えば,between 1st March 2018 and 30 April 2018などとして使われます。

他にも,英文契約書では,from...to...なども同じように期間を表す用語として使われます。

問題は,上記の場合に,3月1日と4月30日は含まれているのかという点です。

これは,不明確であり,どちらもありうるので,避けるべきだと言われています。

もちろん,実際に当事者間で誤解が生じている場面は少ないでしょうし,上記のように月の最初の日と最後の日を書いた場合,通常は,1ヶ月間を表すものとして,3月1日も4月30日も含まれるとするのが,当事者の合理的意思ということにはなるのだと思います。

ただ,文言に忠実に解釈すべきだとか,相手方が異なる理解をしていたと主張しその主張には一定の合理的な根拠があるというような場合には,どちらなのかあいまいになってしまうおそれがあります。

また,between 4th March 2018 and 16th March 2018というように,上記とは異なり,中途半端な期間を定めている場合,最初の日と最後の日は含まれるのかは,当事者の意思からしても明確でないということになりえます。

そのため,このような表現は避けるべきで,betweenを使うにしても,between X (inclusive/exclusive) and Y (inclusive/exclusive)などとして,当日を含む(inclusive)のか含まない(exclusive)のかを明確にして定めるべきだと言われています。

必ずしも上記のように徹底して使用されていないのが現実ですし,誤解を生じないことも多いでしょうから,細かいように思われるかもしれませんが,特に期間が中途半端な期間を設定してあり,期間が短いというような場合は,利害関係が大きくなる可能性があります。

そのため,英文契約書に期間表現がある場合,なんとなくチェックするのではなく,正確で誤解のない表現となっているかどうかをきちんと審査する必要があるでしょう。

現実には,期間が設定されていて,当日を含むのかどうかが確実でないということであれば,含まれないとして考えるのが多くの場合妥当といえると思います。

含まれると考えていて,その日に義務を行ったところ,その日では早すぎた,または,遅すぎたという主張がありえるのであれば,そのような解釈は避けたほうが無難だからです。 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。

英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士20年目(国際法務歴13年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩3分ほどです

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -