Lead(英文契約書用語の弁護士による解説)

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Leadがあります。

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「見込み客/潜在顧客」という意味で使用されます。

 

 例えば,販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)では,販売店(Distributor)が販売地域と指定された地域で見込み客を開拓し,営業して商品を販売展開していきます。

 

 Leadはマーケティング用語としてよく使われます。

 

 見込み客を開拓する義務,見込み客を実際の顧客に変えて商品を販売する義務を販売店(Distributor)に課すときにこのLeadという英文契約書用語が使用されることがあります。

 

 Potential customerや,prospective customerと言い換えても,ほぼ同じ意味です。

 

 販売店(Distributor)が見込み客を獲得して商品を販売展開する際に,最低購入数量(Minimum Purchase Quantity/Amount)のノルマが課されたり,商品の販売にbest effort(ベストエフォート)(最大限の努力)を尽くすように義務が課されたりします。

 

 これらの義務が課されると,販売店(Distributor)が見込み客を獲得し商品を販売するという行為をただ単に繰り返していれば良いということにはならず,ある程度コミットメントして行っていかなければならなくなります。

 

 これが,基本売買契約(Basic Transaction Agreement)であれば,通常は,買主は自分の都合で発注すればよく,最低購入数量(Minimum Purchase Quantity/Amount)のノルマや販売努力をしなければならないという義務を負うことはありません。

 

 ところが,販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)となると,正規販売代理店として積極的にエリアでの販売展開が期待されているため,上記のような内容が契約書に記載されるのです。

 

 Leadの獲得に関して何か義務的な約束をさせられる場合,それが販売店(Distributor)としての役割として,見合っているかをよく検討したほうが良いでしょう。

 

 売主側の何らの協力もなく,実質は基本売買契約と変わらないのに,販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)のようなコミットメントを求められるようだと,販売店(Distributor)としては不利益が大きいということになります。

 

 その場合は,販売努力をすることに見合う対価を十分にもらえるように売主と交渉し,契約書を英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),修正する必要があります。

 

 販売代理店が受けるメリットとして代表的なものは独占販売権(Exclusive Sales Right)です。

 

 これは,指定された販売地域では,その販売代理店のみがサプライヤーの指定商品を取り扱えるという権利ですので,大きなメリットです。

 

 また,サプライヤーから販促活動のサポートをしてもらったり,商標やロゴの使用権をもらったりということもメリットとして挙げられます。

 

 場合によっては,展示会やTVコマーシャルなど大規模な販促活動をする際の費用の一部をサプライヤーが負担してくれるというケースもあります。

 

 このようなメリットと販売代理店に課された負担とをバランシングして,事業として成り立つかどうかを考えることになります。

 

 当然ですが,販売代理店が受けるメリットは必ず契約書に記載して,サプライヤーの法的義務としておきましょう。

 

 ただの口約束では,あとで言った言わないの問題になったり,「そういうこともあるということで,必ずするとは言っていない」などと主張されたりする可能性があるからです。

 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。

 

 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士20年目(国際法務歴13年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩3分ほどです

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -