Implement(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 海外進出・海外展開をするときに必要になる英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Implementがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「実行する」という意味で使用されます。

 

 

 類義語としては,Carry outが挙げられます。こちらは日常用語としてもおなじみで「実行する」という意味になります。

 

 

 当然ですが,契約書では権利(Rights)と義務(Obligations)を記載しますので,何かを行う義務を課す場合にこのImplementが使われることがあります。

 

 

 Buyer shall implment...(買主は…を実行する)などと記載され,…の部分に実行すべき義務の内容が記載されることになります。

 

 

 契約書における義務は,義務を履行してほしい側にとっても,義務を行う側にとっても非常に重要です。

 

 

 義務者にとってはそれが現実的に履行可能なのか,履行期限はいつなのか,努力義務のような内容なのであれば,どの程度行えば義務を尽くしたことになるのかなど,検討すべき事項はたくさんあります。



 義務者としては,法的義務として記載されているのに義務を履行しなければ債務不履行責任を問われることになりますので,不可抗力(Force Majeure)により履行ができない場合の免責などを検討することになります。



 また,履行期が決められている場合,履行期までに義務を履行しないと,こちらも債務不履行責任を問われるおそれがあるので,履行期をどのように位置づけるのかも検討しなければなりません。



 特に国際取引では,義務の履行が異なる国に属する当事者間で行われるため,履行期までに義務が履行できない可能性が高まりますので,注意が必要です。


 

 例えば,商品を履行期までに納品するという義務を考えた場合,国内での輸送より国際輸送のほうがハードルが高いことは容易に想像できるかと思います。


 

 このような場合を想定して,履行期までに義務が履行できない場合でも損害賠償責任などを負わないとしたい場合は,そのように契約書に記載する必要があるでしょう。

 

 

 そのため,Implementという英文契約書用語が登場した場合,その条項の内容は重要ですので,英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際には,注意しなければなりません。

 

 

 契約書で重要な内容は,権利,義務,要件,効果などです。メリハリを付けながら契約書をチェックすると良いでしょう。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る