Follow(英文契約書用語の弁護士による解説)

 海外進出・海外展開をするときに必要になる英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Followがあります。

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「従う」という意味で使用されます。

 特に英文契約書の特殊な用語というわけではないですが,よく見る用語の一つです。

 「…に従う」と記載された場合の「…」の部分には,法律(Law)や規則(Regulation)のほか,相手方当事者の指示(Instruction)などが当てはまります。

 類義語としては,Comply with...In accordance with...などが挙げられます。

 なお,英文契約書でこのFollowという用語を見つけたら,何に従わなければならなくなるのかその詳細をチェックする必要があります。

 Followの後に来る内容が現実に遵守することができる内容であるかを必ず確認して下さい。

 例えば,現地で適用される細かい規則なども含まれている場合,それを守れるのかどうかもわかりませんし,普通に営業していたら違反していたなどとなりかねません。

 そのため,Followのあとに聞いたことがない法律や規則や,あいまいな内容のもの(当事者の指示としか書いていないなど)が来ている場合は,その内容をもう少し具体的に詰めたほうがよい場合があります。

 単にApplicable laws(適用法)などと書かれていることもあります。

 この場合,自国の法律以外にも,相手国の法律や,域外適用される諸外国の法律(贈賄防止法,独占禁止法,個人情報保護法など)が関わっている場合があります。

 当たり前ですが,契約書に「適用法令を遵守する」と記載があるから守るわけではなく,そもそも法律は守る必要がありますが,経済社会がグローバル化した昨今では,自国の法律だけを守っていれば足りるという時代ではなくっています。

 そのため,うっかり法律違反をして多額の罰金を課せられるということがないように注意する必要があります。

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。

 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士20年目(国際法務歴13年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩3分ほどです

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -