Workmanship(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 海外進出・海外展開をするときに必要になる英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Workmanshipがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「(その製品を製造できるだけの)技量・技術力というような意味で使用されます。

 

 

 このWorkmanshipは,英文契約書では,保証(Warranty)条項でよく使われます。

 

 

 売主が買主にある製品を販売するときに,その製品に設計や技量上の欠陥(Defect)がないことを保証するというような表現でWorkmanshipがよく登場します。

 

 

 当然ですが,売主にとっても買主にとっても,製品の保証の内容や期間は非常に重要な意味を持ちます。

 

 

 Workmanshipは,このうち製品の保証内容の一部をなします。



 例えば「本製品は本製品を製造するために必要な技術について欠陥がないことを保証する」というような内容で契約書にworkmanshipが登場します。



 わかりにくい表現ですが,要するに「本製品を製造するにあたって,きちんとした技術を用いており,技術上の欠陥がないことを保証する」ということを表現しています。

 

 

 売主としては,自己が保証する内容はフェアであるかをチェックする必要がありますし,買主としては,保証を受ける内容として十分なものであるかどうかをチェックする必要があります。

 

 

 以上のように,英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際に,Workmanshipという用語が登場した場合,保証(Warranty)という重要な内容が規定されている可能性が高いので,慎重に内容を精査する必要があるといえます。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る