Assert(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Assertがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「主張する」という意味で使用されます。

 

 

 Assert a claim(請求権を主張する)というような文脈で英文契約書ではよく使われます。

 

 

 使われる条項としては,Indemnification/Indemnity(補償)条項が多いかと思います。

 

 

 当然ですが,「主張する」というのは,あくまで主張であって,その権利なりが存在しているかどうかはわかりません。

 

 

 あくまで,何らかの権利などをassert(主張)された場合に,どのような効果が生じる,どのような義務が生じるということを記載するときにこのassertという用語をよく使います。

 

 

 似たような意味で,法的な主張をするという意味では,allegeという用語もよく使われます。

 

 

 権利主張について書かれた条項は,内容も重要である可能性が高いので,英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際には注意が必要な用語といえます。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る