To be...(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,To be...があります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「…すべき/される」という意味で使用されます。

 

 

 例えば,販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)で,「サプライヤーによって販売される商品」などと表現するときに,...the Products to be soled by Supplierなどとto be...が使用されます。

 

 

 将来「…される」という受け身の表現で,英文契約書によく登場します。

 

 

 このto be...は義務表現でもありますので,to be soldという表現は,「販売される」ことが義務であることが意味として含まれています。

 

 

 ただ,このような用語は修飾表現として使用されるのであり,当事者が「…しなければならない」という義務を表したいときは,端的に義務表現であるshallを使用すべきです。



 契約書において権利と義務に関する内容は最も重要なものです。そのため,一方の当事者が義務のつもりで記載したのにもかかわらず,相手方当事者が義務として捉えていないということがあると,大きな問題になる可能性があります。



 そのため,義務として契約書に記載する際には,誤解が生じないように,明確な表現,例えば,shall (will)..., is obliged to..., have duty to..., is required to... などを使用するようにしましょう。



 ときどき,英文契約書で義務を表す表現として,shouldやmustを使用しているケースを見ますが,shouldは法的義務として解釈されないおそれがありますし,mustは厳密には用法が限られていますので,助動詞を使用して義務を表したいときは,shallかwillを使うようにしましょう。

 

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際にto be...という表現が出てきたら,ポイントとしては,「将来のことで義務的な内容が受け身で書かれている」と理解することかと思います。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る