Shelf life(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Shelf lifeがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「(食品などの)保存可能期間/賞味期限」という意味で使用されます。

 

 

 売買契約(Sales Agreement)や販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)などで,食品などを取り扱う場合は,このshelf lifeがよく問題になります。

 

 

 一般の商品ですと,商品の保証(Warranty)が定められていて,保証期間(Warranty period)も決まっているのが通常です。

 

 

 この保証期間(Warranty period)の食品版ともいうべきものがshelf life=(食品などの)保存可能期間/賞味期限といえます。



 そのため,食品の売買契約などでは,保証期間というのは賞味期限で代替されており,賞味期限内に品質不良の問題などが起きれば,サプライヤーが何らかの対処をすることになっていることが多いです。



 当然ですが,買主にとって,品質保証期間や賞味期限の問題は大きな問題ですし,売主にとっても,いつまで責任を負うのかという問題ですから重大な関心事です。



 Shelf lifeという用語が登場した場合,取引の実務にとって大切なテーマですので,しっかりと内容を把握しておく必要があります。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る