Derivative right(英文契約書用語の弁護士による解説)


 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Derivative rightがあります。



 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「派生的権利」という意味で使用されます。



 また,「二次的著作権」を表すこともあります。  



 派生的な権利を意味するので,元々の権利から派生して拡大した権利のことを指しています。  



 二次的著作権を想定すると理解しやすいかと思います。  



 他人の著作物を翻訳したり,編曲したり,映画化したり,ゲーム化したりする二次的な創作をするためには,翻訳・翻案権を持っている原作者の許諾が必要になります。


 この二次的な創作行為を許す権利のことを「二次的著作権」(derivative right)と呼んでいます。



 より正確に,derivative copyrightと表現することもあります。


 二次的著作物も著作権法により保護されますので,仮に二次的著作物を利用しようとする人がいた場合,原作者と,二次的著作物の創作者の2人から使用許諾を得る必要があるので注意して下さい。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る