Renounce(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Renounceがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「(権利や所有物など)を放棄する」という意味で使用されます。

 

 

 何らかの権利を持っている場合,それを行使しても良いですし,場合よってはあえて権利行使せずに権利を放棄してしまうということもありえます。

 

 

 この権利などを「放棄する」という意味で使われるのがrenounceです。

 

 

 当然ですが,権利や所有物を放棄するというのは,本来自分が得られる利益を放棄するという場合が多いですから,権利や所有物の放棄には慎重になるべきです。

 

 

 英文契約書でrenounceが使われる場合,権利などを放棄する場合の手続きなどが書かれていることがあります。

 

 

 権利の放棄は,重要な利益の放棄に該当するため,口頭などで簡単に行うことはできず,必ず書面によって行うなどと契約書で取り決めることが考えられます。

 

 

 類義語としては,waiveが挙げられます。こちらも権利などを放棄するという意味で英文契約書ではよく登場します。

 

 

 契約書のほか,権利などの放棄を確認する「権利放棄書」などでもrenounceという用語が登場することがあります。

 

 

 繰り返しですが,権利の放棄は重要な利益の放棄に繋がることがあるので,権利放棄書などが提出された際には安易にサインしないようにしましょう。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る