Forthcoming(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際によく登場する英文契約書用語,Forthcomingについて弁護士が解説しています。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「来るべき」という意味で使用されます。

 

 

 Forthcoming year「来るべき年」として,将来の年度を表します。

 

 

 それほど重要という用語ではないですが,英文契約書ではよく使われます。

 

 

 他にも,subsequentなども,「次に来る,後続の」という意味なので,forthcomingと似たような意味でよく使用されます。

 

 

 契約書では,何らかの権利・義務や効果を記載するときに,それがいつの話なのかを明確にすることが大切です。

 

 

 販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)などでは,最低購入数量(Minimum Purchase Quantity/Amount)が定められることがありますが,最初の年度は定められず,翌年から最低購入数量が課されるということもよくあります。

 

 

 こういう場合に,forthcoming yearなどとして,将来の年度からノルマが課せられることを表すということがあります。

 

 

 当然ですが,権利・義務・効果がいつ生じるのかというのは非常に重要ですので,単に権利・義務・効果の内容が受け入れられるものであるかという観点だけではなく,それが生じる時期や期間も受け入れ可能かを検討することが大切です。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る