書籍等

 

1. 翻訳

 

1) 2011年 原題「The Phenomenon of mediation: judicial perspectives and an eye on the future」

 

執筆者 Rhys Clift (Partner, Hill Dickinson LLP, London )

邦題「調停(あっせん)手続に関する現象:司法の観点と将来的見通し」

 

2) 2011年 原題「INTRODUCTION TO ALTERNATIVE DISPUTE RESOLUTION:

A COMPARISON BETWEEN ARBITRATION AND MEDIATION」

 

執筆者 Rhys Clift (Partner, Hill Dickinson LLP, London )

邦題「裁判外紛争解決手続(ADR)概論:仲裁手続と調停(あっせん)手続との比較検討」

 

2. 記事

 

2008年「漁船保険と破産」(波濤163号)(共著)

 

3. 書籍


1) 「英文契約書と英米法についての解説 〜基礎的理解を深めたい経営者・法務担当者の方へ〜」(電子書籍)

 

 同書籍はPDFファイル形式でこちらから無料でご請求頂けますので是非ご利用下さい。

 

2) 海外取引の成否は『契約』で9割決まる」(2018年8月発売予定) 


【攻める!士業】久しぶりに怒られました 

受信トレイ
x

【国守博】攻める!士業メルマガ info@semeru-sr.com 04auto.biz 経由

12:01 (4 時間前)
 
To 自分
□◆─────────────────◇ 
    攻める!士業 メルマガ 
◇──────────────────◆ 
このメールは、「NEO士業」「紙芝居セミナー」 
「11ステップ動画講座」「7つの採用支援」 
「助成金ビジネスで安定的に月100万以上 
 稼ぐ方法無料オンライン講座」 
「働き方改革で10の高単価コンサルメニュー 
 を加える方法オンライン講座」のご登録、 
ならびに株式会社クリエイティブシンクの 
各種イベントに参加頂いた方にお送りを 
しています。 

本メルマガは、士業の方が新規顧客開拓 
する為のお役立ち情報をご提供する目的で、 
平日はほぼ毎日発行するものです。 

●このメルマガが迷惑メールになる方へ 
迷惑メール指定されないようにする方法に 
ついては、以下のサイトに情報があります。 
是非、ご参考ください。 
⇒ http://46mail.net/index.php?e=info@semeru-sr.com 
───────────────────■ 


こんにちは、 
攻める!士業メルマガ 
の国守博です。 


本日は、 
久しぶりに怒られた事に 
ついてお話をしたいと思います。 


また、動画を撮影しましたので、 
こちらをご覧ください。 

https://youtu.be/S7_0tGJ-r20 

動画が見れない方は下記を 
ご覧ください。 

―― 


久々に怒られました。 

何があったかと言いますと、 

先日、あるクライアント 
からかなりのお怒り電話 
をいただきました。 


経緯を説明すると、その 
クライアントとはコンサル 
契約を結んでいました。 


通常、契約を結ぶまでには 
無料診断、提案、クロージング 
と3つのステップを踏むように 
しています。 


ですが、そのお客さんは初回で 
やると言っており、かつ会社が 
遠かったので、ステップ2と3 
をくっつけて簡略化して契約を 
結びました。 


このサービスは、届け出とか 
書類とかはお客さんにやって 
もらうものなので、雛形だけ渡すと、 

「どうやっていいか分からないし 
 不安だ!」 

「なんでこんな不安な気持ちに 
 させるんだ!」 

「こんなのコンサルじゃない!」 

とお怒りを受けました。 


挙げ句のはてには、 

「そもそもコンサルフィー 
 も高すぎるじゃないか!」 

とおっしゃっていました。 


5年間このサービスを 
やっている中で、この 
ようなお怒りを頂いたのは 
初めてでした。 


当然、不安に思わせた 
こちらが100%悪いです。 


なんでこんなことが 
起こったのかな? 

と考えると、やっぱり 
ステップをはしょった 
のが問題でした。 


各ステップには、 
明確な目的があり、 
そのステップごとに 
コンセンサスを取るように 
していました。 


ですので、今回のように 
間のステップをはしょって 
しまうと、相手からすれば、 
混乱します。 


さらに、1回のステップで 
取るコンセンサスが多く 
なるので、どうしても薄く 
なってしまいます。 


こちらは何社もやっていたので 
当たり前だと思っていたことが 
相手にとってはそうではなく、 
温度差が生まれてしまいました。 


最終的にフォローをして 
ことなきを得たのですが、 
一つの教訓を得ました。 


それは、 
商談ステップを組んでおり 
成功事例があるのであれば、 
慣れてきたからと言って 
効率化するのは良くない 

ということです。 


士業の方で特に代行関係や 
書類出せばいいという場合は、 
こちらからすれば、毎回 
やっており当たり前のことです。 


ですが、相手からすれば 
初めての人もおり、不安に 
思っているケースは多いです。 


その際に、慣れているから 
といって簡略化してしまうと 
どこかで歪みというか 
落とし穴が出てくると思います。 


あなたも、このメルマガを 
読んで私と同じような失敗を 
しないように気をつけて 
いただければと思います。 



ご参考になれば、幸いです。 
▲このページのトップに戻る