略歴

 

打ち合わせの風景画像

 

2001年

早稲田大学法学部卒業(東京都立西高校出身)

 

司法試験合格

 

2003年

司法修習修了


弁護士登録(登録番号:30475)(現在弁護士19年目)  

 

東京都港区の法律事務所に入所


企業法務及び訴訟関連実務を主として取り扱う

 

2008年10月

パートナー弁護士(経営弁護士)となる

 

2009年8月   

留学等のため渡英

 

イギリスUniversity of Southampton L.L.M(法学修士)Course Workにて

英米法(コモンロー),国際(クロスボーダー)取引,国際比較知的財産法,

コーポレート・ガバナンス,海事法などを学ぶ

 

2010年10月   

法律事務所Hill Dickinson L.L.P(ロンドン事務所)にて約1年半の勤務開始

企業間の貿易・国際(クロスボーダー)取引,英米法実務,海事法実務に携わる

 

並行して英国のビジネス法(EU法,契約法,不法行為法,

ビジネス・ロー,税法及び不動産法等)についての

トレーニング・コース(ロンドン)に参加

 

2012年2月

英国弁護士(ソリシター)資格試験QLTSのMCT試験合格

 

2012年6月   

上記約3年間の英国留学・実務経験を終了し帰国


以降,国際(クロスボーダー)取引に関する英文契約書の翻訳(英訳/和訳),作成,

アドバイス,日本企業の海外展開サポート,企業の法律顧問業務を取り扱うとともに,

企業の社外取締役・監査役を務める

 

2012年11月

経済産業省より,「中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関」

(「認定支援機関」)(現職)に認定される

 

2014年10月

(独)中小企業基盤整備機構による認定支援機関向け

海外展開支援研修(基礎編)を修了


2014年12月

(独)中小企業基盤整備機構による認定支援機関向け

海外展開支援研修(実践編/労務法務・コンサルティング編)を修了し,

中小企業の海外展開サポートを強化

 

2015年6月

日本弁護士連合会の「中小企業海外展開支援弁護士」(現職)に選任される

 

2016年4

日本弁護士連合会主催の連続講座

「中小企業の海外展開業務に関する実務上の諸問題」を修了


2017年3月

企業法務に特化した片山法律会計事務所を共同設立


同事務所パートナー弁護士(経営弁護士)に就任

 

2018年12月

書籍海外取引の成否は『契約』で9割決まるを執筆・出版

 

2021年11月現在

英国から帰国後の2012年6月から2021年12月現在まで,

合計2,385のクライアントからのご相談・案件を取り扱い

2021年12月現在,70社以上の企業の顧問弁護士のほか,社外監査役を務める


プロフィールは下の写真をクリックして頂くとダウンロードできます。


弁護士菊地正登のパンフレット画像

 

 

弁護士インタビュー動画

▲このページのトップに戻る