Contra Proferemtem(英文契約書の解説〜英国法・コモンローの観点を中心に〜)

 

 法務部員が英文契約書をレビューする際に役に立つ英米法の基礎知識です。

 

 

 今回は,Contra Proferemtemというコモン・ローの概念について簡単に説明します。

 

 

 ある契約条項が曖昧な表現がされており,一義的に効果が明らかでなかったとします。その場合,その条項により利益を受けることとなっている方が,不利益を負うことになるという原則がContra Proferemtemです。

 

 

 具体的には,例えば,物品の預託を受けた業者が保管中に火災によって預託品に生じた損害について責任を負わないという条項を入れていたとして,火災が如何なる状況により生じた場合を想定するのか曖昧であったとしたら,受託業者の過失によらない火災による損害を免責する趣旨であり,受託業者に過失が認められる場合には免責が認められないと解釈することがあり得えます。

 

 

 この例の場合,当該免責条項により利益を受けるのは受託業者なので,条項の内容が曖昧なことによる不利益は受託業者が受けるということです。

 

 

 したがって,利益を受ける側として,免責条項(exemption clause)責任制限条項(limitation clause)を定めるにあたっては,条項を多角的に検討し,一義的に内容が定まるように規定しなければなりません。 

 

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 相談のご予約(初回は稟議不要とするため無料です。),お問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

ロゴ.jpg

▲このページのトップに戻る