弁護士による英文契約書の作成・チェック・修正・翻訳業務の特徴

 

writing-1149962_640.jpg


 英文契約書のリーガルチェック,修正,作成,翻訳(英訳/和訳)業務をお受けする際には,以下の点をお約束しております。 

 

 

国際法務での実績を活かし役に立つリスク解説,条項提案をします。

 


 約3年間のイギリス留学経験を含む国際法務における弁護士としての実績を活かし,英米法などの観点から,役に立つリスク解説,条項提案を致します。

 

 

 英文契約書のリーガルチェックについては,通常,ワードファイルなどの条項欄に日本語でコメント・修正案を記載して納品し,ご希望に応じて打ち合わせや電話にて丁寧にご説明しております。

 

 

 英文契約書を作成する際には,意図したとおりの条項ができるように貴社の意図を丁寧に聞き取りし,具体的な条項を作成していきます。

 

 

透明性のある料金体系を採用し,明確な見積書を発行しています。

 


 最終的に幾ら請求されるかわからないタイムチャージではなく固定料金で対応しています



 料金については,リーガルチェックの場合には,英文契約書を読解し,条項の内容・リスクについて説明を行い,貴社と打ち合わせをして修正案を作成するまで料金は固定して対応しております。

 

 

 英文契約書の作成については,作成する英文契約書の内容やご要望を貴社からお聞きし,ドラフトを作成し,適宜修正して完成させるまで固定の料金で対応しております。


 

納期をお伺いし迅速に対応致します。

 


 国際取引交渉には,国内よりも交渉スケジュールが重要です。そのため,お急ぎのご依頼の場合は,土日祝日の対応も場合によって行なっております。


▲このページのトップに戻る