Balance, outstanding(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Balance, Outstandingがあります。

 

 

 これらは,英文契約書で使用される場合,通常,「支払残額」という意味です。

 

 

 債務者がある金額の支払義務を負い,その一部を弁済した場合に,残額についてこのように呼称します。

 

 

 例えば,In case where the Buyer does not pay the balance on or before X…(買主がXまでに残額を支払わない場合...)などと使用されます。



 全部の支払いをするという表現は,pay...in fullなどとされますが,支払期日に一部しか払わず,残額の支払いを遅延すると,遅延損害金の支払義務が発生する可能性があるのでご注意下さい。


 

 遅延損害金は,契約書に約定遅延損害金として記載されていることもありますし,準拠法が定めた法定遅延損害金が相当することもあります。



 このような支払期日に遅れた支払いのことを,late paymentと呼んだりします。


 

 もちろん,最初から分割払いの約束で,期日までに分割金の全部を払っていれば遅延損害金は生じません。



 なお,outstandingが名詞で使用された場合,通常は上記のように債務の「残高」を意味するのですが,形容詞で使用された場合は「(株式や債券)などが発行されている」という意味になることがあります。



 例えば,the issued and outstanding shares ...で「発行された株式」という意味になります。



 「発行済株式総数が◯株で,そのうち◯株を譲受人が譲渡人から買い受ける」などという表現で株式譲渡契約書(Stock Purchase Agreement)などでよく登場します。


 

 当然ですが,株式などが何株発行されていてそのうち何株を取得することになるのかなどは,議決権・支配率の問題に関わりますので,非常に大切です。



 そのため,outstandingなどの用語が登場したら,発行済株式総数に関する記述である可能性が高いので注意して契約書を審査するようにしましょう。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る