英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Jurisdictionがあります。

 これは,英文契約書に必ずといってよいほど登場します。「裁判管轄」のことです。

 Governing Law(準拠法)とは区別しなければなりません。

 通常,準拠法と合わせる場合が多いとは思いますが,例えば,英国法を準拠法とし,専属的裁判管轄を日本として合意するということも可能です。

 ただし,いざ裁判になったときに,そのとおりの効果が認められるとは限らない点には注意が必要です。

 裁判管轄は紛争時には非常に重要な意味を持っています。

 特に保全処分や,強制執行が必要な場合は,各国により制度が区々ですから,自己に有利な利益を実現できるかどうかがその制度内容に関わってきます。

 準拠法については,多くの国が契約自由の原則を認め,当事者が合意したとおりの効果を基本的には認めるという姿勢に大きな違いはないと考えられるでしょうが,裁判や執行についての手続法は各国により様々です。

 当然契約当事者は自己に有利な管轄を主張するでしょう。この辺りは,ビジネス上の力関係で決まってしまうところもあり,悩ましい問題です。

 仲裁合意においても同様の管轄権争いが生じることとなります。自己に有利な裁判管轄を漁ることをforum shopping(フォーラム・ショッピング)と呼びます。

 裁判管轄を自国にするのが有利だと思われがちですが,必ずしもそうではありません。

 例えば,売掛金の回収を訴訟で行うというような場合,日本で判決を得てもそれを外国で強制執行するのは大変です。

 そうであれば,最初から相手国の地で裁判をし,その判決を基に現地で強制執行をかけたほうが簡便に済みます。

 現地での訴訟は大変だと思うかもしれませんが,売掛金請求などは比較的容易な内容ですので,現地の弁護士を探して任せれば,想像するよりは難しくないです。

 逆に自社が訴えられる可能性があるような契約であれば,訴訟提起のハードルを上げるために自国の裁判管轄を合意したほうが有利といえます。

 このように,契約内容や目的によって利害が異なるため,いつも自国の裁判管轄が良いというわけではないことは注意が必要です。

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。

 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士20年目(国際法務歴13年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩3分ほどです

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -