Battle of form(英文契約書の解説〜英国法・コモンローの観点を中心に〜)

 

 法務部員が英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に役に立つ英米法の基礎知識です。


 

 今回は,battle of formについて解説します。

 

 

 契約交渉中に両当事者が自己に有利になるように,お互いに自社が持っている書式を送り合うことがあります。



 これを「契約書式の戦い」(battle of form)などと呼んでいます。

 

 

 法的には,こうした契約書式の戦いの中,どの段階で契約が成立したのかが問題になることがあります。

 

 

 契約が成立するためには,offer(申し込み) の意思表示に対して,これを受諾する内容のacceptance(承諾)の意思表示がなされる必要があります。

 

 

 そのため,通常は,battle of formの勝者は,最後に条項等のofferを提示し,これが相手にacceptされたと認められた者,つまり最後の申込者となります。



 ただし,Uniform Commercial Code(UCC)(米国統一商法典)が適用される場合などは,異なる取り扱いとなる場合もありますので注意が必要です。

 

 

 こうした問題は,契約書に調印する型式では,その性質上あまり顕在化しません。


 

 当事者がサインする予定の契約書の場合は,最終的に両当事者が1通の契約書にサインして成立するため,どの書類でいつ契約が成立したかは明らかな場合が多いからです。



 それよりも,注文書(Purchase Order),請書(Purchase Order Acceptance)などの裏面などに条項が記載されていて,お互いがそれを引用するなどと主張しあっているうちに,物品の引渡しがなされたというような場面で,一体どの段階のどの条件で契約が成立したのかという内容でしばしば問題化します。

 

 

 このようなトラブルは,全体的な契約内容に影響を及ぼすものです。



 したがって,このような紛争を避けるため,契約成立の時点,どの条項で合意したのかについては,できる限り明確になるように,交渉開始から取引開始まで十分に注意しなければなりません。

     

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 相談のご予約(初回は稟議不要とするため無料です。),お問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。 

 


 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

ロゴ.jpg

▲このページのトップに戻る