Breach of contract(英文契約書の解説〜英国法・コモンローの観点を中心に〜)

 

 法務部員が英文契約書をレビューする際に役に立つ英米法の基礎知識です。

 

 

 今回は,breach of contractについての解説です。

 

 

 いわゆる債務不履行の概念について,英国法と日本法では違いがありますので,この点について簡単に説明します。

 

 

 日本法の下では,債務不履行による救済が認められるには当事者の帰責性(過失)が必要とされていますが,英国コモン・ローでは,契約違反に基づく責任を生じるのに,当事者の過失を要件としていません

 

 

 Breach of contract(契約違反)があった場合,それが当事者の帰責性に基づくか否かは問わず,remedy(救済)が認められます。そして,このremedyの内容が,契約の内容または契約違反の内容・程度などによって変容することになります。

 

 

 コモン・ローの下では,原則的なremedyは,損害賠償ですが,前述したとおり,例えば,違反した契約条項がwarrantyであれば,損害賠償請求のみが認められ,conditionであれば,損害賠償請求及び解除が認められ,intermediateであれば,損害賠償請求は常に認められるものの,解除については契約違反の程度次第とされるなど,remedyの内容が変わります。

 

 

 未だ履行がなされていないという契約違反であれば,その債務がいわゆる「なす債務」(例えば,ミュージシャンの出演契約)でない限りは,specific performance(履行の強制)がremedyとして認められることもあります。

 

 

 ただし,specific performanceはequity上のremedyであるため,必ず認められるという性質のものではなく,認められるかどうかは裁判所の裁量(discretion)によることになります。

     

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 相談のご予約(初回は稟議不要とするため無料です。),お問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

ロゴ.jpg

▲このページのトップに戻る