Transfer/assignment(英文契約書の解説〜英国法・コモンローの観点を中心に〜)

 

 「英文契約書のポイント」transfer/assignmentについての解説です。

 

 

 契約上の権利・義務の譲渡について簡単に解説します。

 

 

 英国法の下では,当事者が別に合意しない限り,契約上の権利・義務を第三者に対して譲渡することが認められています。

 

 

 しかし,通常,契約当事者は,これを望まないでしょう。その場合には,相手方当事者の同意なくして譲渡はできない旨の条項(譲渡禁止特約)を定める必要があります。

 

 

 なお,一般に,transferという用語は目に見える(tangible)有形財産の譲渡に使用され,assignという用語は目に見えない(intangible)無形財産(知的財産権など)の譲渡に使用されます。

     

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 相談のご予約(初回は稟議不要とするため無料です。),お問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。 

 


 原則として,当日,遅くとも1営業日(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

ロゴ.jpg

▲このページのトップに戻る