Expense(英文契約書用語の弁護士による解説)

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正をする際に登場する英文契約書用語に,Expenseがあります。

 これは,特殊な用語ではないため,英文契約書で使用される場合でも,通常,「費用」と和訳され理解されています。

 このexpenseの重要性は使用される文脈にもよるのですが,補償条項(Indemnification Clause)・損害賠償条項(Damages Clause)に関して使用された場合は注意を要します。

 例えば,英文契約書でよくEach party shall indemnify and hold harmless the other party from and against all damages, losses, liabilities and expenses...などという補償条項(Indemnification)を見かけると思います。

 上記の和訳は「各当事者は他方当事者に対し,すべての損害,債務及び費用などを保証し,損害を与えないようにしなければならない…」のようになります。

 ここでいうexpensesで重要なのは,紛争が起きた場合などに弁護士に依頼し,弁護士費用がかかったときの弁護士費用のような費用です。

 単にdamages(損害), losses(損失) and liabilities(債務)とだけ記載されていた場合,この弁護士費用が損害等には含まれず,契約違反をした当事者が相手方の弁護士費用は負担しなくてよいと解釈される可能性があるからです。

 日本法では,原則として弁護士費用は「自腹」ですので,相手方の弁護士費用を負担しなければならない場面は限定されています。

 もっとも,外国ではいわゆる「敗訴者負担制度」がある国もありますので,国際取引では,紛争になった場合,相手の弁護士費用も負担しなければならないと契約書や法律で定められていたり,少なくとも当事者にそう理解されていたりするることが少なくありません。

 したがって,当事者の一方(A)が,契約違反をした当事者(B)に対して損害賠償請求等を行う際に,自分(A)が雇った弁護士にかかる弁護士費用も含めて違反当事者(B)に対し請求したいという場合には,誤解が生じないようにそのことを明記したほうが良いということになります。

 なお,expensesとするだけではなく,including, without limitation, reasonable attorneys' fees and expensesなどと付加して,expensesに弁護士費用が含まれることを明確にするということも大切です。

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。

 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士20年目(国際法務歴13年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩3分ほどです

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -