英文契約書の相談・質問集9 契約書のドラフトは売主・買主のどちらが作るのでしょうか。

 

 英文契約書の作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「契約書のドラフトは売主・買主のどちらが作るのでしょうか。」というものがあります。

 

 もちろん,どちらが作っても問題はありません。しかしながら,やはり自社で作成したほうが有利な内容を作れるので,極力自社で作成したほうが良いでしょう。

 

 ただ,バーゲニングポジション(どちらの当事者が有利な立場にいるか)の関係や,例えば,ライセンス契約など,基本的にライセンサーが条件を決める契約など,いつも自社がドラフトを作成できるとは限りません。

 

 バーゲニングポジションは,一般的には,その取引をより欲している方が,立場が弱くなります。

 

 なお,都合により相手方が英文・英語契約書のファーストドラフトを作るということになった場合でも,必ず,自社で内容を精査し,必要な修正要求はしなければなりません。

 

 決して,読まずにサインしたり,読んでも修正は無理だろうと自社で判断して,そのままサインしてはいけません。

 

 修正ができないケースももちろんありますが,その場合でも,どこにどういうリスクがあるのかをしっかりと把握し,そのリスクが顕在化した場合の対処法を自社で検討し,場合によっては,相手方にそのような場合の協力体制について確認しておくことが有効な場合もあります。

 

 なお,これはマナーレベルの話ですが,修正をするときはどこをどのように修正したのかが相手方にわかるように履歴をつけるのが良いと思います。

 

 たまに,ドラフトの修正を複数回往復しているとき,相手方が,こちらにわからないように重要な条件や数字をいつのまにか変更しているということがあります。

 

 見落としてサインしてしまうと危険な状況になりますので,注意が必要です。

 

 まとめると,ドラフトは,できるだけ自社で作るほうが良いが,相手方が作成する場合には,内容を精査し,可能な限り修正要求をするということになります。

 

→next【英文契約書の相談・質問集10】 秘密保持契約書があれば秘密は守られますか。

 

 

 

 英文契約書に関するサービス内容のお問合せ,見積依頼は下記からお気軽にどうぞ。

 

 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士21年目(国際法務歴14年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩約3分です

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

士業・翻訳業者・保険会社・金融機関の方へ

各士業の先生方,翻訳業者,保険会社,金融機関のお客様の英文契約書に関する案件についてお手伝いさせて頂いております。

ご紹介頂いたお客様の初回相談料は無料ですので,お気軽にお問合せ下さい。

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。対面の面談も可能です。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -