英文契約書の相談・質問集29 英文契約書で法的義務を課す表現はshouldですよね。

 


 英文契約書の作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,英文契約書で法的義務を課す表現はshouldですよね。というものがあります。

 

 

 確かに,日常用語としては,shouldは「〜すべき」という意味だと学校で習いますので,そのような印象を持つかもしれません。

 

 

 しかしながら,英文契約書では,当事者に法的義務を課す場合にshouldを使うことは避けたほうが良いです。

 

 

 英文契約書でshouldを使用すると,その当事者に「〜したほうが良い」という提案のように解釈され,法的義務を記載したものではないと捉えられる可能性があります。

 

 

英文契約書において,法的義務を課す場合は,shallまたはwillを使用します。

 

 

 英文契約書を読むときに頻繁にshallという単語をご覧になった方もいると思いますが,最初は,日常用語感覚のshallのイメージと異なるので,違和感があったかもしれません。

 

 

 しかし,英文契約書において義務を表す用語として最も一般的なのはshallだと思います。

 

 

 義務を表す用語としてwillも使用されますが,shallよりwillのほうが義務の程度が弱いという人もいるので,shallに統一するほうが無難かもしれません。

 

 

 テクニカルな話ですが,自社側にwillを使用し,相手方の義務にはshallを使用するというパターンも見ます。

 

 

 Shallとwillが混在していると,それには意味があるとされて,例えば,shallとされているほうが義務が強いので,違反すればmaterial breach(重大な契約違反)となり,willとされているほうに違反してもmaterial breachとはならないという解釈がされる可能性があります。

 

 

 そのため,特別な理由がない限り,英文契約書では,義務を課す場合にはshallを用いると理解しておいて良いかと思います。

 

 

→next【英文契約書の相談・質問集30】 英文契約書でMaterial breachというのはどういう意味ですか。

 

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 英文契約書に関するサービス内容のお問合せ,見積依頼は下記からお気軽にどうぞ。



 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

ロゴ.jpg

  


▲このページのトップに戻る