英文契約書の相談・質問集110 相手方の署名者に署名権限があるのか確認すべきですか。

 

 英文契約書の作成,チェック(レビュー),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「相手方の署名者に署名権限があるのか確認すべきですか。」というものがあります。

 

 当然ですが,英文契約書を取り交わす際,その英文契約書が効力を有するものとなるためには,その内容を発効させる権限を持つ者同士が契約書にサインしなければなりません。

 

 そのためには,英文契約書にサインする相手方の当事者にその契約に署名する権限が与えられているのか否かは重要な問題です。

 

 日本では,代表取締役社長(President)の権限が非常に広いので,代表取締役社長がサインする契約であれば通常問題ないことになります。

 

 日本の社長に相当する者は,アメリカではPresident,イギリスではManaging Directorと呼ばれています。また,最高経営責任者(CEO)というポジションもあります。

 

 これらの場合は,通常は,署名権限があると思われるので,大きな問題はないかと思います。

 

 これら以外の者がサインする場合(もちろん,上記の肩書の場合も,その取引についての制限がないか,取締役会決議が必要なのに欠いていないかなどの問題はあります。),特に署名権限の有無に注意が必要でしょう。

 

 署名権限があるかどうかの確認方法としては,署名者が本当に名乗っている肩書を有しているかを日本の会社登記簿謄本に相当する書類で確認したり,署名者に代理権があるかを委任状(Power of Attorney(POA))を提出してもらい権限する方法が挙げられます。

 

 また,取締役会議事録を要求すべき場合もあります。取引金額が大きかったり,M&Aなどの重要な取引の場合,取引の実行には取締役会の承認が要求されていることがありますので,その確認を行うべき場合もあります。

 

 もし,本来その英文契約書にサインする権限がないような者が会社を代理してサインした場合,日本の表見代理のような制度が,準拠法として選択されている国の法律にもあれば,一応救済される余地はあります。

 

 ただ,その場合でも,サインした者に代理権・代表権があると信じるについて正当な理由があったかが重要な意味を持つことがあります。

 

 そのため,署名権限が問題になりそうな場合には,上記の書類を確認して,署名権限を確認すべきといえるでしょう。

 

 サインした当事者に代理権・代表権がなかったために,英文契約書の効力の有無が問題になるということは,そうめったにあることではありませんが,取引の根幹部分に関わる重要な問題ですので,そこで問題を抱えないようにする必要はあります。

 

 中には,英文契約書では,「売主は,買主が別途指定する銀行口座に振り込む方法で代金を支払うなどと書いてあり,その後銀行口座を伝えられたが,その口座は,正式な取引口座ではなく,サインした者が「横領」できる口座だったということもありえます。

 

 こうしたことを防止するためにも,署名者が真実会社を代理する権利があるのか,代理権・代表権を確認することは意義が大きい場合があるのです。

 

 もちろん,署名までに時間がなく,このような書類を要求している場合ではないということもあるとは思いますが,問題がありそうな場合は,きちんと対処されることをお勧めしています。

 

→next【英文契約書の相談・質問集111】 販売店契約で売主は自由に卸値を決められるのですか。

 

 

 

 英文契約書に関するサービス内容のお問合せ,見積依頼は下記からお気軽にどうぞ。

 

 

 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士21年目(国際法務歴14年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩約3分です

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

士業・翻訳業者・保険会社・金融機関の方へ

各士業の先生方,翻訳業者,保険会社,金融機関のお客様の英文契約書に関する案件についてお手伝いさせて頂いております。

ご紹介頂いたお客様の初回相談料は無料ですので,お気軽にお問合せ下さい。

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。対面の面談も可能です。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -