英文契約書の相談・質問集237 Forecastと定めれば法的拘束力はないですよね。

 海外進出・海外展開をするときに必要になる英文契約書の作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正の依頼を受ける際によく受ける相談・質問に,「Forecastと定めれば法的拘束力はないですよね。」というものがあります。

 英文で販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)を作成する際に,販売店(Distributor)が,年間や四半期ごとにどの程度商品を購入するのかという販売予測を定めることがあります。

 この場合,あくまでForecast(予測)なので,通常は,法的拘束力はないものと考えられます。

 つまり,販売店(Distributor)としては,予測値を実際の購入量が下回ったとしても,特にペナルティは受けないというのが一般的な考え方だと思います。

 ただし,もし,メーカーが取り扱っている製品に比較的長期のリードタイムが設定されているような場合,メーカーは販売予測に従って,生産に入らなければならないとか,製品の仕入れを起こさなければならないなどという事情があります。

 こうした事情の下,メーカーが販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)で定められた予測にしたがって,製品を製造したり仕入れてしまってコストがかかっているという場合には,ケースによっては,そのコストを販売店(Distributor)に請求するということがありえます。

 その際に,単にForecastとしか書かれていないと,販売店(Distributor)が責任を負うケースもありえます。

 こうしたことを回避するためには,Forecastの性質をはっきりと英文契約書に明記しておくことが大切です。

 具体的には,法的拘束力はなく(英語ではnon-bindingといいます),上記のようなケースででも,販売店(Distributor)がメーカーの負担したコストについて責任を負わないのであれば,そのことを具体的に明記することが考えられます。

 または,もう少し一般化して,ForecastはNon-binding(法的拘束力がない)なただの参考値に過ぎないため,Forecastに実際の購入量が達しなくとも販売店(Distributor)は責任を負わないと記載することも考えられます。

 このように,Forecastといってみても,場合によってはクレームが起こる可能性があるので,Forecastという用語を使用しているから安全だとは考えず,より具体的に危険を想定し,どういう意味で使用しているのかを明記する姿勢が大切です。

 このことはForecastという用語にだけ当てはまることではなく,英文契約書全般に当てはまる内容です。

 用語を使用する際,それがその準拠法の法律用語として広く共通に理解されているという場合以外は,きちんとその用語の意味を定義して使用したほうが無難です。

 例えば,Targetというような用語も,単なる目標値で努力義務に過ぎないのか,法的拘束力のある義務としての最低購入数量/金額(Minimum Purchase Quantity/Amount)なのかは,明確にし,もし未達の場合にはどのようなペナルティがあるのかも具体的に書くべきということになります。

 相手も自社と同じように理解しているだろうというのは単なる思い込みの可能性があり,危険です。必ず用語の具体的な意味を説明するようにしましょう。

→next【英文契約書の相談・質問集238】会社ではない個人に代理店を依頼する場合の注意点は何ですか。

IMG_6603 resized 2.jpg

 英文契約書に関するサービス内容のお問合せ,見積依頼は下記からお気軽にどうぞ。

 正式にご依頼頂くまで料金はかかりません。

 原則として,当日,遅くとも1営業日以内(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間

お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

ロゴ.jpg

お問合せ・ご相談はこちら

 お問合せフォーム・電話・メールでお問合せ頂けます。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6453-6337

担当:菊地正登(キクチマサト)

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。
受付時間:24時間

 英文契約書の作成・翻訳・リーガルチェック(全国対応),実績多数の弁護士菊地正登です。弁護士20年目(国際法務歴13年),約3年間の英国留学・ロンドンの法律事務所での勤務経験があります。英文契約・国際取引の専門家として高品質で迅速対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-6453-6337

<受付時間>
9:00~18:00
※土日祝日は除く

弁 護 士 情 報

弁護士  菊  地  正  登
片山法律会計事務所

東京都港区芝5-26-20
建築会館4F
tel: 03-6453-6337
email: kikuchi@mkikuchi-law.com

片山法律会計事務所

住所

〒108-0014
東京都港区芝5-26-20
建築会館4F

アクセス

都営三田線・浅草線三田駅またはJR田町駅から徒歩3分ほどです

受付時間

9:00~18:00

定休日

土日祝日

 弁護士インタビュー動画

書  籍

コロナウィルス対策に
ついて

新型コロナウィルス感染防止のため,メール・電話・Web会議のみによる対応も行っております。

サイト内検索 - 英文契約書用語の検索ができます -