Detrimental(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Detrimentalがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「有害な/弊害をもたらす」という意味で使用されます。

 

 

 例えば,販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)などでは,サプライヤーが海外の販売店(Distributor)を指名して,販売店に現地で商品を販売展開してもらうことになります。

 

 

 その際,販売店は,サプライヤーと商品の商標・ロゴ,ブランドを使用して商品を販売展開していきます。

 

 

 そのため,サプライヤーとしては,自社のロゴやブランドを販売店に不当に使用され,自社のブランド価値が傷つけられることをおそれます。

 

 

 こうしたブランド毀損などを防ぐために,契約書には,販売店はサプライヤーのブランドなどを傷つけるような販促活動をしてはならないというような条項を入れることがあります。

 

 

 この「サプライヤーのブランドを傷つける」という表現をするときに,detrimentalという英文契約書用語が使用されることがあります。

 

 

 類似用語としては,名詞ですがdefamationが挙げられます。



 これは「名誉毀損」という意味ですが,販売店(Distributor)はサプライヤーの名誉を毀損するような活動をしてはならないというような文脈で英文契約書で使われることがあります。

 

 

 サプライヤーにとって自社のブランド価値は「無形資産」として非常に大切なものですから,これを販売店(Distributor)に毀損されないようにすることは必須といえます。

 

 

 契約書に禁止条項として入れるのは当然として,サプライヤーには,販売店の販促活動をある程度監視・監督していく努力も求められるでしょう。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る