Competitive price(英文契約書用語の弁護士による解説)

 

 英文契約書を作成,チェック(レビュー/審査),翻訳(英訳/和訳),修正する際によく登場する英文契約書用語に,Competitive priceがあります。

 

 

 これは,英文契約書で使用される場合,通常,「競争力のある価格/低価格」という意味で使用されます。

 

 

 例えば,基本売買契約(Basic Sales Transaction Agreement)販売店契約(Distribution/Distributorship Agreement)などで,買主・販売代理店の力が強いようなとき,卸値が他の買主・販売代理店への卸値よりも高くてはならないというような内容を定めたい場合に,competitive priceという表現が使われることがあります。

 

 

 買主の力が強いので,売主に対して,自社に販売する商品価格は競争力がある低価格でなければならず,他の買主に対する販売価格より高いものであってはならないという内容を契約書に入れてくることがあるのです。

 

 

 当然ですが,これは売主にとってはデメリットが大きいので,安易にこのような条項を受け入れるべきではないでしょう。

 

 

 その買主が相当の発注数を見込んでおり,売主としてもその取引をすることで大きな利益を見込めるのであれば,このような「強気の」条件を飲むことも考えられるでしょうが,そうでない限り,大きな足かせになる可能性があります。

 

 

 自社に販売する価格が最低の価格であることを保証させるような条項のことを,最恵国待遇条項と呼んだりします。

 

 

 買主側に非常に有利な条項なので,そう頻繁に見られる条項ではないですが,自社が買主側である場合は,このような趣旨の条件を獲得できるように交渉することも有益です。



 買主が取引量でかなり売主の増益に貢献できるという自信を数字をもって示せればこのような条項を入れることもありうると思います。

 

 

 なお,サプライヤーが,買主や販売代理店に対し,小売価格をこの価格以下では売ってはならないなどと制限することは,ことが多いので,注意して下さい。

 

 

 ここでのテーマは,買主のほうがサプライヤーに対し,買主に一定の安い価格で売らなければならないということを強制するということですので,整理して理解するようにしましょう。


 

「英文契約書の用語解説」のインデックスはこちらです。

 

 解説者の経歴等のプロフィールはこちらでご覧頂けます。

 

※また左側メニュー下のサイト内検索に英文契約書用語を入れて頂くと解説記事を検索できます。



 英文契約書の作成・チェック・翻訳・修正サービスについてはお気軽にお問合せ下さい。

 

18353-2.jpg

▲このページのトップに戻る